主婦アルバイトと税金

主婦アルバイトと税金

主婦の人がアルバイトを始めようと思う理由には人それぞれです。
ご主人にわざわざ言うことなく使えるお金が必要だという場合や、生活費が足りないからなど各自の使い道があることでしょう。

 

特に、生活費に付け加えたいからと貯金のためのアルバイトであれば、税金のことについても知っておきましょう。
ひと月に2万円から3万円程度の収入で良いという場合は、税金については問題なくクリアできます。
心配しなければならないのは、たくさん収入がある場合です。

 

専業主婦の所得がいくらかあるかによって、ご主人に課税される所得税の額が変わってきてしまうのです。
少しでも収入を増やしたいとがんばって働くと、税金が高くなり、手元には少なくなるため損をする場合があります。
これが、テレビなどでも扱われる103万円の壁と言うものです。
専業主婦が収入を多く得るようになると、夫の所得内で行われていた控除に当てはまらなくなります。

 

結果的に所得税が上がってしまうとともに、また130万円を超してしまうと国民年金や国民健康保険料も支払わなくてはならなくなります。
国民年金は1年でトータル18万円を超える額なので、痛い出費となるでしょう。
毎月アルバイトで得た収入を全部使ってしまうと、次の年の税金を捻出するのが大変になってしまうので、調整して働く必要があります。

 

そのうえ150万円を超える収入を得ると、所得税と住民税についても自分で払う必要が生じます。
つまり、税金による負担を変えずに、生活の手助となるような収入調整をすることが大切だといえます。